メタルはまだ地球を救えないがそのうち救えるようになる

完全に四角い置物と化していたニンテンドーSwitchを輝かせるべく『がるメタる!』というゲームを買った。一通り遊んだ感想。 良かったところ・シナリオがバカ楽しい・かわいい・慣れればライブ感のある体験ができる 悪かったところ・ジョイコンの操作感が悪…

ラララ言えるかな

togetter.com 47都道府県って世間話の種として面白いですよね。大学でいろんな県出身者と知り合うと仲良くなり始めの探りの話題はだいたい地元トークが鉄板でした。とくにネットは出身地が本当にバラバラなので大学以上にバラエティに富んだ各々の地元話がみ…

四畳半偶像大系

人の恋路を邪魔するものはアルパカに蹴られて死んでしまう運命にあるというので、私は大学の寥寥たる北の果てにあるアルパカ小屋には近づかないようにしていた。なぜ私がアルパカを恐れたかと言えば、私は知らない人も知っているほどに悪名高い恋ノ邪魔者で…

元プロ受験生

センター試験も終わったみたいなので受験の話でもしましょう。前もしたっけ?ええやん。なにせ自分受験の(元)プロなんで。(元)プロゆえこの時期は毎年いっちょモノ申したろみたいな気分になるんですけどいい加減やめたいのでこれで最後にします。する。 …

バーチャル世界に金を投げる

最近ね、流行りのね、バーチャルユーチューバ―ね。結構前にキズナアイさんの動画観てあまりにゲームが下手で不覚にもイライラしちゃってそれ以降興味なかったけど、のじゃロリ出てきて観たらめっちゃ面白かった(面白いという形容でいいのか悩む)。意外とい…

2017

少し早いですが今年の総括をします。去年の最後に掲げた2017年の抱負は「無病息災」と書いてあって、振り返れば概ね達成したと言ってよいのでは。やるやん。2016年が受難の年だったこともあり、それに比べればだいぶマシな一年に見える。すると今度は嫌なこ…

仕事を辞めた

よく誤解されるが、実際にペンギンそのものに触れたことはほぼない。搬送されてくるペンギンの個体は専用の袋でパッケージングされているからだ。一定間隔で袋を開けて検品することになっていて、そこで初めて袋の中身が確かに生きたペンギンであることを確…

つまんない話

先日『Call of Duty WWⅡ』というPS4のゲームを買ったんですが、1週間で売ってしまいました。新作なので高く売れてよかったです。差額は2回位映画館へ行ったんだと思えばまあ損でもないということにしました。ノルマンディー上陸作戦から始まる打倒ナチスキャ…

異常思想

少し前、黒人男性が白人至上主義者をハグして何故黒人を嫌うのかと問うたところ、白人主義者は困惑して理由がわからないと言った、というニュースがあった。何かを嫌うという感情は精神の奥底から湧き上ってくるものであって、どうこうしようというのは無理…

ごせんちょうえんほしい

ようやく貯金が7桁に乗った。宮崎あおいのように仕事を辞めて引っ越したい。 意識して節約はしてない。「大きい買い物をあまりしない」という一点のみで赤字を免れている感がある。1円単位で家計簿をつけていることもいくらか効果がある気がする。入退院を繰…

高速道路は狂気の所業だ

結婚する気がないとか、友達を作る気がないとか、家から一歩も出たくないとか、どんなやりがいがあっても仕事はしたくないとか、何もかも捨てて単身チベットへ渡って僧侶になりたいとか、40歳で早期退職して残りは年金と運用資産と貯蓄で生きていきたいとか…

やる気がないので帰ります

こういうのを読みました。 blog.tinect.jp 3行でまとめると・強制や丁寧すぎる指導では人は成長しない・自主性を促し疑問を持つ力をつけさせるのが最良の師・『BAMBOO BLADE』はおもしろい ということらしいです。この記事自体は別に剣道の話ではないんです…

よくわかるネトスト入門

やあ、こんにちは。みんなもSNSのアカウントをひとつくらいは持っているよね。今日はそんなインターネット上に吐き散らかした半匿名情報から、様々なことを特定するネットストーカーの基礎を紹介するよ! 1.長期的追跡ある人物に関する情報(各種個人情報…

科学の子ども

togetter.com www.nhk.or.jp 夏休み子ども科学電話相談というNHKラジオの番組が面白いです。夏休み中の子どもたちが抱く科学っぽい感じの素朴な質問疑問に、立派な先生方が答えていくという毎年恒例ほのぼのラジオ。いかんせん平日の午前中なのでなかなか聴…

近況

こんにちは、南條愛乃です。嘘です。すみません。 元気ですか。最近睡眠の質が激落ちている気がする。暑いからか。以前ベースを買ったと書いたが、小型のアンプも買った。防音設備は一切ない。小さいのでマスタボリュームを落とせば大丈夫でそ。せっかく買っ…

生きる意味を探さない

anond.hatelabo.jp 現時点で、自分の思う理想的な人生設計に限りなく近い。これを実践して生活できている増田氏には感服する。 “生きがいやら人生の目的やらを重視している人が多くて驚いている。そんなもの持ったこと今まで一度もない。やりたいことをやる…

あの日読んだホビー漫画の名前を僕たちはまだ知らない

大人になると子どもに戻りたいと思う瞬間が多々あります。あるいはそういう感傷から卒業した時こそ真の大人になるのかもしれませんが、とにかくぼくは今もしばしばあります。そんなあの頃、ぼく達が熱狂した漫画のひとつ『爆球連発!!スーパービーダマン』を…

アイドル研究部をめぐる冒険

「アイドルって、つまりは偶像崇拝でしょう?」と彼女――小泉花陽は神経質そうに眼鏡を触りながら言った。「あるいは」と僕は答えた。「そうね、あるいは」彼女はブレザーのポケットからマルヴォロ・ライトを取り出して、ライターで火を着けようとした。けれ…

とびきり長くはない近況報告

相変わらず変わり映えのない日々を送っています。最近暑いですね。暑いと誰しもやる気が出ないものですが、ぼくは暑くなくても出ないので相対的に有利かもしれません。ちょっと何言ってるかわかんない。少しだけ進歩したことと言えば、欲しかったベースを買…

光の人間関係

テレビドラマ『光のお父さん』如何ですか。観てますか。 結論から先に言うと、ぼくはドラマ版のほうはあまり好きではないです。 ゲームやろうぜ 「光のお父さん」とは、ぼくがダラダラ長年続けているMMORPG「ファイナルファンタジー14」を舞台にした実話をネ…

インテリになりたい

今フランス大統領選挙の真っただ中ということで、大学時代の恩師の専門がフランス○○○(特定防止)だったなあと思い出し、ちょっと興味が湧いた。久々にブログを覗いてみると相変わらずお元気そうでなにより。父親がいない(死んでない)ぼくにとって「大人の…

やる気元気鈍器

突然ですがやる気がなくなりました。まるで今までやる気があったかのような物言いですね。なかったです。これまでも、そしてこれからも。何のやる気かって、全部です。全部やる気がなくなりました。もともとこういう性格なのはまあ仕方ないとして、それにつ…

けものに愛を

ご存じの通り、我らが『けものフレンズ』のアニメが堂々たる最終話を迎えた。フレンズよありがとう。かばんちゃんとサーバルちゃんに幸あれ。ジャパリパークに光あれ。 けものフレンズ11話放送後、我々テレビの前のフレンズは一週間身を切られるような思いに…

人の神を笑うな

ぼくは新興宗教が割と好きだ。などと書くと大変な誤解を招く気がする。はっきり申し上げておくと存在自体にはかなり否定的であるし、あんな冗談みたいなものに入れあげる人々はなんてか弱くて哀れなんだと無礼にも上から目線で思うが、もちろんそんな薄汚い…

幽霊の正体見たり、彼が好き

昔ね、チョコもらったんですよ。昔っつーか、まあ高校時代の話ですけど。10年前ですね。 じゅうねんつったらオメー、「decade」っていうソレ専用の英単語まで用意されてる、あの10年。もはや一時代。鼻垂らしてた小学生が東大生にまで華麗にジョブチェンジす…

『けものフレンズ』に揺さぶられる

ここ数年、アニメは年平均1~2作程度の視聴に留まっているが、その全てが例外なく自らの趣味嗜好に照らして最高級の評価に値する作品であるという事実に、感涙を禁じ得ない。鼻炎で嗅覚を削がれた代わりに、何か別の嗅覚が発達したのかもしれない。 その嗅覚…

ちなみに『君の名は。』は観てないです

昔ね、なんかスゲェ面白いブログを読んだんです。 そりゃもうめっちゃ面白くて、テンションが上がらないことで御馴染みのこのぼくが腹抱えて笑ったくらい。実際は口角がちょっと上がって端からンフッwみたいな変な音が漏れただけだったかもしんないけど、まあ…

課金ラインの向こう

最近読んだ漫画の話します。 『秘密のレプタイルズ』 Web漫画サイト「裏サンデー」にて連載中の爬虫類漫画。 裏サンで公開されている1話を読み、「マンガワン」とかいうアプリで続きを読み、面白かったので単行本も買った。極めて理想的なWeb漫画のビジネス…

眼からレーザー

2016年をアレするアレです。 ■邪眼(左) とにかく眼球に苦しめられる1年だった。すっかり慣れた入院生活。慣れたくなかった。 発端は春先、なんか左目の視界が狭いなと感じた。疲れてるんだと思った。よくある。前職時代、ピントが合わなくて文字が読めない…

FINAL FANTASY 14 FAN FESTIVAL 2016 TOKYO

ファイナルファンタジー14ファンフェスティバルに行ってきました。 普段身の回り(現実)にゲーム仲間がいないので、この会場に集まった数千人が全員自分と同じゲームをしている人間かと思うとなんとも奇妙な気持ちになりました。 一緒に行ってくれた3人は本…