近況

こんにちは、南條愛乃です。
嘘です。すみません。

元気ですか。最近睡眠の質が激落ちている気がする。暑いからか。
以前ベースを買ったと書いたが、小型のアンプも買った。防音設備は一切ない。小さいのでマスタボリュームを落とせば大丈夫でそ。せっかく買ったのにまたもちょこっと触って満足してしまう。いくらしたと思ってんだこのハゲ。
それというのも去る6月20日、待望のFINAL FANTASYⅩⅣ第二弾拡張ディスク『紅蓮のリベレーター』が発売されたのが悪い。楽しく遊ばせて頂いております吉田神よアーメン。ゲーム全体としては満足の一言。待った甲斐があったというもの。ただジョブ調整は相変わらず下手だなーと思う。もうちょっとだけ召喚士どうにかして。ちょっとでいいから。おねがい。
FF14といえば、人気ロックバンドGLAYのメンバーTERUさんがエオルゼアに爆誕、目を見張る速度でドハマリしていく様子が話題に。わりと早い時期からTwitterではしゃいでるのを眺めていたが、楽しそうでなにより。見ているこっちがにこにこしてしまう。元々ゲームが好きみたいで、初心者にはややつらいと思われるタンクロールでも一生懸命頑張っていてすごい。しかしそれ以上に他のプレイヤーとの交流に楽しみを見出しているっぽい。自分がGLAYのファンではないことが悔やまれる。だって、例えば南條愛乃さんとゲーム内で会話なんかできたら死ぬでしょ。心臓が幸福に耐え切れなくなって死ぬ。南條愛乃さんはキャラ非公開なので万が一偶然ゲーム内で出会っても気付くことすらできないが、GLAYファンはそれが可能なのだ。羨ましすぎるクソ。ゲームの話が増えたことに苦言を呈す愚か者がいたらしいが、ファンなら当然FF14を買いに走るべきところではないのか。
南條愛乃さんといえば、ラジオの公開録音とバースデーアコースティックライブに行った。公開録音では友人の神引きのおかげで前から2列目真ん中とかいう、天国に2番目に近い場所的なアレを手に入れ、危うく心臓が幸福に耐えきれず死ぬかと思った。たぶん目が合ったと思う。粒子とか、そういうの吸ったと思う。バースデーライブは昨年入院により涙をのんだアレ。光る棒も控えめに座って聴くタイプのライブでとても良かった。おじいちゃんなので立ちっぱはそろそろつらい。33歳おめでとうございます。依然として可愛い。生の演奏を聴いてベースのモチベーションがむくむくと湧き上がるも、家に帰ってFFにログインした瞬間に霧散。ゲームたのしいです。ぼくはこんしゅう27さいになります。なんかください。こんごともよろしくおねがいします。おわり。