2017

少し早いですが今年の総括をします。
去年の最後に掲げた2017年の抱負は「無病息災」と書いてあって、振り返れば概ね達成したと言ってよいのでは。やるやん。2016年が受難の年だったこともあり、それに比べればだいぶマシな一年に見える。すると今度は嫌なことが減った分良いことの少なさが目に付き始めてきて業が深いというかなんというか。

家計簿を眺めているときに急に「よし今年をまとめるか」と思い立ったのでこれを書き始めた。今年は割とうまくやりくりできたのではないか。毎月初めに貯金目標を決めてるんだけど、12ヶ月中7ヶ月が目標達成(今月は見込)、3ヶ月が達成率90%以上、赤字になったのは6万円のベース(ほぼ未使用)を衝動買いした七月のみ。良いお嫁さんになれると思う。もし万が一何かの手違いで結婚することになったら、家計簿を印刷して見せて家計管理は俺にまかせろ!と言いたい。婚約破棄一直線。
勘違いしないでほしいが、出納を1円単位でギチギチ管理しているからと言って、守銭奴とかドケチとかではない。削れる出費はまだかなり多い。単に暇なだけ。この底辺収入で手取りの35%も貯めたんだから褒めろや。褒めて。これも全部来年車を買うときに吹っ飛ぶかと思うと虚無しかない。

一月頃に「今年は映画を観るぞ」などと宣言した記憶があるんだけど、終わってみれば16本観た。ここ数年では一番の多さ(ボジョレー感)。『最後のジェダイ』を観に行きたいので17になるかも。予定ではこの3倍は観るつもりだったんだけど。別に映画を観たから偉いわけでもないが、せめてもの文化的生活と言うか、まあ。一番良かったのはスターウォーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン』。シリーズの大ファンというわけでもないがエピソード4から全部楽しく観ている身としては、今までとは一味違ったスターウォーズ世界を見せてもらった。脇役にもそれぞれ生き様があって主役の陰で頑張ってるんだよみたいな話に弱い。Netflixでバンバン映画観るぞ~なんて思っていたが、16本のうち半分だけ。タイトルだけ見て直感で選ぶと外れ映画だったこともしばしばあり、今月いっぱいで解約を検討している。アマゾンプライムに乗り換えてもいいかもしれない。加入している人は感想を教えてほしい。

イベント的には良く言えば平和な、悪く言えば無味無臭なパッとしない一年に終わった。特筆すべきものは六月のラジオ公開録音、七月および九月のライブの計3件(全部南條愛乃)のみ。近場の友人知人(1人2人)との交信は数ヶ月に1回。その結果、家族及び職場の人間を除くと「今年会った回数ランキング」で南條愛乃さんが堂々第3位(3回)に躍り出ることとなった。もはや親友と言っていい。ライブを会った回数にカウントしていいのか。もう少しアクティブになるべきなのではと思わなくもないが、これといって興味を持てるものがなく、敢えてなにかしようという気力が湧かない。ひとりで没頭できる「何か」があれば別に家から一歩も出なくても充実した日々は送れると思うんだけど、そういう「何か」が全くないのが問題で、なにやっても暇つぶしにしかならない。そこをどうにかしたいとずっと思っているんだけど、ないもんはないから仕方ない。自分の好き嫌いを自分で操作なんてできない。
そこで来年どうするかという話で、ためしに「他人と知り合う」ことを目標にしてみようかと思う。正直キツい。2018年中に1回あればクリアということにする。家にいても自分が何をやりたいか見つからないので、仕方なく他力本願でいってみる。10代の頃は今と違って何故かぼけーっとしてても友達ができて、友達がいれば何かしらイベントが発生したので、そういう中で何かみつかることに期待したい。書いててげっそりしてきた。本当は誰とも関わりたくない。